1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. アパートとマンションの違いは何?基準があるのか解説!

アパートとマンションの違いは何?基準があるのか解説!

賃貸物件を探すときに「アパート」と「マンション」の違いが
妙に気になるってことはないですか?

結論を言えば、アパートとマンションの明確な基準は
全くないですし決まりもありません。

 

アパートとマンションの違いと
誰が違いを決めているのかを解説していきます。

 

アパートとマンションの違い

アパートとマンションの明確な違いはありませんが
アパートのイメージは木造で2階建ての見た目が安そうな建物だと思われます。

アニメでもアパートといえば、ボロボロな感じの木造2階建てで
複数人住める感じで部屋が狭いイメージがあります。

 

ですが、木造2階建てでも「東京マンション・エクセレントⅢ」と
大家が名付ければ、それは立派なマンションになるのです。

 

アパートやマンションって誰が決めている?

うすうす気づいている人もいるかもしれませんが
賃貸物件のアパートやマンションを決めているのは大家とか
不動産会社の人が決めているのです。

色々な不動産会社に行くと同じ賃貸物件があるのを
発見することがあります。

 

Aという不動産会社では「アパート」として紹介されていた賃貸物件が
Bという不動産会社では「マンション」と紹介されていることもあるのです。

じゃあ、アパートやマンションの違いが明確ではないなら
そのメリットやデメリットも同じじゃないかと思うかもしれません。

 

次はアパートとマンションに住むメリットや
デメリットを紹介していきます。

 

アパートに住むメリットは?

  • 家賃が安い
  • 2階建てもしくは3階建てで上り下りが楽
  • 無料の駐車場がある

 

アパートに住むメリットは
家賃が安いということです。

一人暮らしをしたいという人や
子供を育てている最中の家族などが
家賃が安い賃貸を探すならアパートが良い場合が多いです。

 

引っ越しをするときや買い物に出かけるときは
2階または3階から降りてくれば良いだけなので気分的に楽ですね。

無料の駐車場があるのも
アパートの最大のメリットといえます。

 

アパートに住むデメリットは?

  • 防音対策はされていない
  • エレベーターがない
  • 通路が狭い

 

アパートに住むデメリットは
防音設備が整っていないので隣に音が聞こえてしまいます。

場合によっては隣の部屋の声が
そのまま内容がわかってしまうほどよく聞こえることもありますね。

 

隣人に新婚夫婦が引っ越してきて
夜の営みが聞こえることがあり眠れない夜を過ごすこともあるでしょう。

子供の泣き声や走る音なども聞こえるので
神経質な人には「うるさすぎる」と感じるかもしれません。

 

さらに、アパートにはエレベーターがないので
2階に荷物を運ぶ場合は、かなり大変な作業になります。

アパートにも廊下的なものがありますが
ドアの前に荷物を置かれると通りにくくなります。

 

マンションに住むメリットは?

  • 防音設備が整っていることがある
  • ネット環境が整っている場合がある
  • オートロックなどのセキュリティが充実している
  • スロープやエレベーターが付いている
  • マンションによっては各階にゴミ捨て場が設けられている
  • 高層階に住むと交通などの騒音は聞こえないので静かな時間を過ごせる
  • 駅の近くに建っていることが多い

 

アパートに住むよりもマンションに住むメリットのほうが
圧倒的に多いです。

マンションでは防音設備が整っているので
隣に住んでいる人の声は聞こえにくいです。

 

上の階の人が歩く音や走り回る音も
あまり聞こえないというメリットもあります。

さらに、マンションによってはネット環境が最初からあり
すぐにネットをつなぐことができるマンションもあります。

 

また、防犯設備も充実していて
インターホンカメラやオートロックなどが装備されています。

 

マンションに住むデメリットは?

  • 家賃が高い
  • ポストが玄関ではなく1階にあることが多い
  • 最上階に住んでいる場合は1階に降りるまでが時間がかかる
  • 高層階の場合はちょっとした地震でも大げさに揺れる
  • 洗濯物を干せない場合が多い

 

マンションは家賃が高い場合が多く
完全に子供が独立した人じゃないと生活はつらいかもしれません。

また、ポストも1階のスペースにある場合が多く
帰宅したついでにポストの中身を確認する人が多いです。

 

わざわざ、高層階から1階のポストまで下りてきて
見に来る人はほとんどいません。

高層階の場合は台風の時やちょっとした地震でも
激しく揺れることがあります。

 

慣れないと恐怖を感じます。

また、高層階の場合は
洗濯物が外に干せないことが多いですね。

 

とはいえ、マンションを見ると
たまに高層階のベランダで布団を干しているのを見ます。

24階から布団のようなものが落ちてくると
人に接触した場合は大けがをすることもあります。

 

なので、多くの場合は禁止していることが多いですね。

 

マンションとアパートどっちを選べばよい?

家賃を抑えたいとか他人の生活音が気にならないという人は
アパートに住むのも良いでしょう。

騒音問題のトラブルは良くあることですが
何よりも、一番問題なのは「隣にどんな人が住んでいるか」です。

 

防音設備が整っている木造物件でも
意味不明なお経みたいなのが隣から聞こえてくると
何か不気味に感じますよね。

筆者の場合は、隣からお経のようなのが
真夜中に聞こえてきて睡眠不足になったこともあります。

 

防犯対策が充実しているほうが良いという場合は
マンションが最適です。

防犯設備の整ったマンションは
1階にあるインターホンで何階の何号室を指定しないと
指定した部屋に呼び出しができないようになっています。

 

呼び出された部屋にインターホンが鳴ると
カメラ越しで話をすることができます。

その時に相手がどんな人かがわかるので
少しは安心できるかもしれませんね。

 

まとめ

  • アパートとマンションの明確な基準はない
  • アパートとマンションは大家や不動産会社が決めている
  • 家賃を抑えたいならアパートが良い
  • 防犯設備が充実しているのはマンション

 

アパートとマンションの違いは
明確な基準というものはありません。

違いを強いていうなら、家賃が安い型か以下の違いと
建物の階数の違いがあります。

 

ほかにも防犯設備や、防音設備の違いもありますね。

家賃を抑えたいという人は
アパートに住むほうが良いでしょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 安い家賃の賃貸物件の定義とは?本当に安心して住める?

  • 失敗しない賃貸物件を探す3つのコツとは?

  • 引っ越しの物件探しはいつから始めると良い?

  • 引っ越しをする場合にコロナで注意すべき事とは?延期も検討したほうが良い?

  • 失敗しない賃貸の探し方!家賃が安い物件探しのコツとは?

  • ゴールデンウィークでの賃貸探しわずか2だけのコツ