1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. ゴールデンウィークでの賃貸探しわずか2だけのコツ

ゴールデンウィークでの賃貸探しわずか2だけのコツ

ゴールデンウィークは大型連休の人も多いので
賃貸探しを本格的に行う人もいるでしょう。

このページでは、ゴールデンウィークでの賃貸探しの方法や
ゴールデンウィークに引っ越す場合のスケジュールなどを紹介していきます。

 

ゴールデンウィークの賃貸探しの方法

4月からは新年度が始まって
部屋探しを開始する人も増えてきます。

不動産会社も3月くらいから繁忙期が一段落し始め
丁寧な対応をしてもらえる可能性が高くなる時期です。

 

しかも、落ち着いて部屋探しもできるので
繁忙期をずらすメリットは大きいのです。

ゴールデンウィークでの賃貸物件を探す方法を
紹介していきます。

 

ポイント1;不動産会社に早めにお問い合わせをする

繁忙期が終わって不動産会社は
少し休みに入るケースが多いです。

なので、いきなり内見がしたくても
賃貸物件の中を見ることができない場合もあります。

 

内見ができる日が決まっているなら
事前に不動産会社にいつ行けるのかを連絡しておくのが良いでしょう。

また、いつが休みになるのかなども
最初に聞いておくと良いかもしれません。

 

ポイント2:色々な不動産会社に問い合わせてみる

賃貸物件探しをする場合は
1店舗の不動産会社だけに集中するのはいけません。

なぜなら、頼りになる担当者とそうではない担当者が
よくわかるからです。

 

さらに、複数の不動産会社にメールで連絡をすると
返信が遅い場合と速い場合があります。

メールだけの対応をみてもメールが早くて
丁寧で親切なのかを見ることができます。

 

最初の対応が悪い不動産会社は
そのあとの部屋探しの対応に関しても良くない場合が多いです。

 

ゴールデンウィークに引っ越す場合のスケジュール

ゴールデンウィークに引っ越す場合は
4月中旬までに不動産会社に行き賃貸物件を決めておく必要があります。

ゴールデンウィークという大連休から賃貸物件を探しに
不動産会社に行っても入居審査に間に合わずゴールデンウィーク中には
引っ越しをすることができないのです。

 

なので、できることなら連休が始まる前に
部屋を決めておかないと良い条件の部屋は他の人に取られる可能性が高くなります。

ゴールデンウィークは1~3月に引っ越しができなかった人が
不動産会社になだれ込む時期なので早めに決めたほうが良いでしょう。

 

条件が良い賃貸物件は1~3月の繁忙期か
ゴールデンウィークで入居者が決まることが多いです。

つまり、ゴールデンウィークを逃してしまうと
希望の条件の賃貸物件探しはかなりむつかしくなっていくということです。

 

次に新しい物件が増えてくるのは
人事異動が発表され転勤の人が増える9月です。

なので、5~9月の4ヶ月間は条件の良い賃貸物件は
見つけることがむつかしくなる時期と考えたほうが良いでしょう。

 

まとめ

ゴールデンウィークは物件の管理会社が休みに入ることがあるので
賃貸物件の内見は基本的にできないことが多いです。

仲介の不動産会社が営業していても
管理会社との連絡が取れない場合は部屋探しを進めることができません。

 

連休で不動産会社に行きやすくなると言っても
ギリギリのスケジュールで動くのはかなりリスクが高くなります。

なので、早目に条件の良い賃貸物件を見つけて
契約をしたほうが良いということになります。

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 失敗しない賃貸の探し方!家賃が安い物件探しのコツとは?

  • 賃貸では火災保険は絶対加入しないといけない?加入しないとどうなる?

  • ゼロゼロ物件は注意が必要?!初期費用や保証人は必要なのか検証

  • 初めて賃貸を選ぶ人が犯しがちなポイントを回避する方法

  • 貸家を借りるときに出てくる「3LDK」とは?2LDKとの違い

  • おとり物件に要注意?!見分けるための5つのポイント