1. TOP
  2. 引っ越しをする前に知っておくべきこと
  3. いらない物といる物を分けるには?
  4. 引っ越しの「お任せプラン」は本当に楽なのか?!料金なども紹介!

引っ越しの「お任せプラン」は本当に楽なのか?!料金なども紹介!

賃貸物件を見つけて引っ越しをやろうという場合は
なかなか、荷造りをする時間がないという場合が多いですよね。

忙しい毎日の中で引っ越しの準備をするというのは
かなり大変なことではないでしょうか。

 

そんな時は、各引っ越し業者が用意をしている
「お任せプラン」がとても便利です。

お任せプランは、荷造りから片付けまで
引っ越しのサポートをするサービスです。

 

お任せプランは、いったいどこまでしてくれるのかや
料金などを紹介していきます。

 

荷造りはどういう風にしていくのが基本?

自分で荷造りをしていく場合でも
普段あまり使わない物から梱包していくのが基本です。

頻繁に使うに津用品などは最後に梱包しないと
日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

たとえば、茶わんやコップなどは
必要な分だけ残して、あとは梱包していきます。

段ボールに荷物を入れるときに
中に何が入っているのかや
どの部屋に運ぶのかを記入しておくとわかりやすいです。

 

段ボールに何が入っているのかだけでも記入しておけば
自然とどの部屋にもっていくのか自分たちだけでもわかります。

お任せプランの場合は、どの部屋に運び込むのかを記入しておけば
業者の人が勝手に指定の部屋まで運んでくれて作業もスムーズに行われます。

 

梱包するときに必要な「ハサミ」「カッター」「ガムテープ」などや
旧住居の掃除で使う掃除機や雑巾などやゴミ袋も準備しておきましょう。

 

引っ越しの「お任せプラン」はどういうサービス?

引っ越しの「お任せプラン」は基本プランの家具梱包や
搬出・輸送・搬入・セッティングに加えて業者が荷造りや
引っ越し先での荷解きをしてくれます。

さらに、後片付けなどもサポートしてくれるサービスが
「お任せプラン」なのです。

 

引っ越し業者によっては「お任せプラン」のサービス内容は
かなり違ってきます。

「全てお任せプラン」の場合は、引っ越し当日までに
スタッフが荷造り作業をしてくれることが多いですよ。

 

お任せプランは、引っ越し当日にスタッフが大型家具や
家電などを梱包して搬出してくれます。

全ての荷物をトラックに積み終えると
引っ越し業者が引っ越し先まで荷物を運んでくれるのです。

 

引っ越し先の壁や階段などに傷がつかないように
養生を施してから荷物を運び入れます。

さらに、指定した場所に
荷物をセッティングしてくれます。

 

荷解きを依頼している場合は荷解きと
養生などの後片付けもしてくるのでとても楽です。

では、具体的にお任せプランは
どういうプランがあるのか「アート引越センターを例にすると
以下の通りとなります。

 

  • アート引越センターの「お任せプラン」
  • 基本コース …依頼主が自分で荷造りを行い、荷ほどきも自分で行う
  • ハーフ …荷造りのみスタッフが行い、荷ほどきは依頼主が行う
  • フル …荷造りと荷ほどき・後片付けまでスタッフが行う

 

アート引越センターの「お任せプラン」は
「基本コース」「ハーフ」「フル」の3種類のプランがあります。

筆者が引っ越しを業者に依頼した時は
「基本コース」を選択してお願いしました。

 

基本コースは、依頼主である自分が荷造りや荷解きをして
荷物運び以外は、自分で行うプランです。

 

アート引越センターはおすすめできる!

アート引越センターのお任せプランは
サービスの豊富さが特徴的です。

オプションも12種類あり8つの無料追加サービスもあるので
かなりおすすめできる業者と言えます。

 

あなたに最適なサービスを追加することで
引っ越しもかなり楽になるでしょう。

 

引っ越しの「お任せプラン」の料金相場はいくら?

アート引越センターのお任せプランに限っての料金ですが
「おまかせパック ハーフコース」の場合は、以下の通りとなります。

 

  • 単身の場合:70,000円~100,000円
  • 家族の場合:120,000円~140,000円

 

アート引越センターの「らくらくパック」は
基本コースが一番料金が安いです。

その次に、ハーフコースで一番料金が高いのが
フルコースという風になってます。

 

ただし、荷物の多さや引っ越し先の距離などによって
料金は変動します。

 

自分でしたほうが良い作業はある?

荷造りや荷解きを引っ越し業者がしても
自分でやったほうが良い作業というのはありますよ。

引っ越し佐々木にもっていく荷物と
処分する荷物を分けるという作業は自分ですべきでしょう。

 

どの荷物は引っ越し先にもっていくのかや
捨てる荷物はどれなのかという分ける作業は
引っ越し当日までにやっておくべきです。

さらに、第三者に触れられたくない荷物は
自分で選んで自分で運んだほうが良いでしょう。

 

引っ越しの荷物は全て段ボールに詰め込んで
運んでくれます。

逆に言えば、捨てたい荷物まで段ボールに入れて
運んでしまう可能性があるという事です。

 

そして、粗大ごみの廃棄処分も手続きをして
処分するようん強いておきましょう。

たとえば、いらないタンスや戸棚などは
早めに処分しておけば、荷物の量が減るので
料金も安くなります。

 

ライフラインの使用中止や運搬に向けた準備も
自分でしておかないといけません。

冷蔵庫の中身も引っ越し当日までに
空っぽにして運び出せるようにしておきます。

 

引っ越しの「お任せプラン」を利用するメリット

  • 梱包・荷解きをする時間が省ける
  • 引っ越し後の片付けもしてくれるので楽
  • 重くて大きい荷物も運びだしてもらえる

 

忙しい人が引っ越しをする場合は
「お任せプラン」がとても楽でありがたいサービスとなります。

荷物の梱包は種類によって適切に梱包しないと
移動中に壊れる可能性があるでしょう。

 

さらに、慣れていない場合は、梱包に時間がかかってしまいます。

しかし、日々色々な家に引っ越し作業をしているプロのスタッフに任せれば
梱包にかける時間も大幅に減らすことができるのです。

 

荷解きも依頼している場合は
引っ越し業者のスタッフが荷解きをして
段ボールも持ち帰ってくれます。

自分で荷物をまとめて段ボールに詰めていた場合は
部屋の中が段ボールだらけになり足の踏み場もなくなります。

 

引っ越し業者に荷解きをしてもらえば
片付けもしてくれるので、片付けが追いつけないという事もなくなります。

引っ越し作業が早く完了すれば
新しい家でゆっくりできる時間も増えるでしょう。

 

仕事の都合で荷解きする時間がないという人にとって
「お任せプラン」はかなりありがたいサービスとなるでしょう。

引っ越し作業で一番重労働なのが大型の家具や
電化製品ではないでしょうか。

 

さらに、書籍がたくさん入った思い段ボールなども
自分で運んでいるとケガをする可能性もあります。

体力に自信がないという人や女性の方も
引っ越し業者にすべてを任せれば安心できそうです。

 

引っ越しの「お任せプラン」を利用するデメリット

  • プランによっては値段がかなり高くなる
  • 梱包作業と荷解きは立ち合いが必要

 

引っ越しの「お任せプラン」にも
デメリットがあります。

プランによっては、荷造りや荷解きなどのサービスが付くので
料金が上がります。

 

荷物の量や引っ越し先の距離によっても
値段は上がっていきます。

場合によっては、スタッフの人数が増える場合もあるので
それだけ余計に料金が値上がりする可能性も増えます。

 

値段が気になる場合は、基本プランを選んで
自分で荷造りや荷解きをするしかないでしょう。

荷解きなどを依頼している場合は
依頼者の自宅で行うので立会いが必要になります。

 

家具や家電のセッティングも立ち合いで行い
依頼主が支持をして指定の場所においてもらいます。

仕事が忙しくても、荷造りや荷解きをする日は
何とかして時間を作るしかありません。

 

引っ越しの「お任せプラン」は本当に楽なのか?!まとめ

  • 引っ越し日は希望日でもOK
  • お任せプランは荷造りと荷解きをしてくれる
  • 距離や荷物の量に応じて値段は上がる
  • 自分で荷造りや荷解きをするなら基本プランが最適
  • お任せプランは大型の家具や家電もスタッフが運ぶので楽

 

引っ越しの「お任せプラン」は、引っ越し作業の時間を作れない人に
最も人気のあるプランです。

お任せプランを選ぶ人の中には
引っ越し日が限られてしまうという人もいるでしょう。

 

引っ越し日まで時間がない場合は
希望の非に引っ越しができなくなることもあります。

なので、見積もりを取る時点で引っ越し日の希望を
引っ越し業者に伝えておく必要があります。

 

お任せプランを選ぶ場合は、荷造りや荷解きを業者がしてくれるので
本当にありがたいと言えるサービスです。

しかし、荷造りや荷解きは
立ち合いが必要なのでその時は時間を作っておきましょう。

 

今回は、お任せプランの料金も紹介していますが
引っ越し先の距離や荷物の量によって値段は上がるかもしれません。

なので、今回紹介した引っ越し料金は
目安として参考にしてくださいね。

 

気持ちよく引越しをするには引っ越し業者選びも
かなり重要なポイントとなります。

一体何を基準にして業者を選ぶのか
以下のページでそのポイントについて紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓      ↓↓

失敗しない引っ越し業者の選び方ってある?何を基準に探せばよいかを検証

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 賃貸物件の仲介手数料ってどれくらいが平均?

  • 賃貸物件の申し込み後にキャンセルはできる?申し込み書の提出や契約前後の違いは?

  • 手取り20万円で賃貸物件を探すならどんな家に住める?

  • 引っ越しの手続きをスムーズに行う手順はこれだ!

  • 引っ越しのキャンセル料金はどれくらいから発生するのか?

  • 独身は賃貸が良いのか持ち家が良いのか?老後を逃げ切るにはどっちが最適?