1. TOP
  2. 引っ越しをする前に知っておくべきこと
  3. 引っ越しをする前にやるべき準備
  4. 引っ越しをする前にやることって何かある?やっておくべきことをまとめてみた

引っ越しをする前にやることって何かある?やっておくべきことをまとめてみた

引っ越しをする前にやることは
まずは家探しから始めます。

そして、引っ越し業者選びをしてから
住民票やガスや電気、水道などのライフラインの変更します。

 

今回は、引っ越しをする前にやることは何かについて
紹介をしていきます。

この先を読むことで、引っ越し前に
どういうタイミングで賃貸物件を探したり
ほかの段取りの決め方についてがわかるようになります。

 

引っ越しをする賃貸を決める

初めて引っ越しをする場合は
いったい何から始めればよいのか迷うかもしれません。

準備ができていない状態で
引っ越しの日が近づいてしまうと引っ越し業者に
多大な迷惑をかけてしまいます。

 

なので、引っ越しをする前には
色々な段取りをして準備をしておく必要があるのです。

まずは、賃貸物件の探し方ですが家賃は
あなたの月収から30%の賃貸を決めると良いでしょう。

 

そうしないと、毎月の生活が困難になるからです。

さらに、希望条件を決めていきますが
立地条件や間取りも、どれくらいが良いかを決めておきます。

 

不動産会社と契約をするときに必要な書類は?

良さそうな賃貸物件を見つけて不動産会社などで
契約をするときには書類が必要になります。

担当営業マンの人は契約前に必要な書類を教えてくれますが
一応事前に必要な書類は知っておいたほうが良いので
以下のような書類は準備しておきましょう。

 

  • 身分証明書(免許証・保険証のコピー)
  • 住民票
  • 印鑑・印鑑証明書
  • 連帯保証人の書類(連帯保証人の収入証明書)
  • 連帯保証人の承諾書

 

契約時に必要なお金はいくら?

不動産会社と契約をするときは
初期費用は持っていたほうが良いでしょう。

初期費用は以下の通りです。

 

  • 敷金・礼金
  • 鍵の交換費用
  • 前家賃(当月分の日割り金額と翌月分の1ヶ月分)
  • 仲介手数料
  • 保険料(火災保険など)

 

初期費用に関しては、現金払いなのか
銀行振り込みなのかは担当者に事前に聞いておきましょう。

家主や不動産会社に支払うお金がありますが
領収書は必ずもらっていたほうが良いでしょう。

 

できれば契約書や入居申込書のコピーも
もらっていたほうが良いかもしれません。

それらのコピーや領収書は
1冊のファイルに入れて保管しておきます。

 

引っ越しをする日を決める

引っ越しする家が決まれば、次は引っ越しをする日を決めます。

繁忙期の2月~4月は避ければ
引っ越し費用は安く抑えることができます。

 

また、引っ越しの準備は荷物の量にもよりますが
最低でも1ヶ月くらいはかかると思ったほうが良いでしょう。

引っ越し業者によっては時間によって
値段が変わることもあります。

 

時間が遅くなればなるほど引っ越し料金が
安くなる引っ越し業者もあります。

引っ越し先で荷物を片付ける時間も考慮して
あなたに適した引っ越しの計画を立てましょう。

 

ゴミ捨ては曜日に注意しないといけない!

ゴミ捨ては引っ越しの手続きと並行して
掃除やゴミ捨てはしていたほうが良いでしょう。

不要な荷物は引っ越し業者の見積もりを出す前に
捨てるようにします。

 

そうしないと、不用品まで引っ越しの荷物として
カウントされてしますからです。

粗大ごみなどは業者に
回収してもらう必要があります。

 

地域によって名前は異なるかもしれませんが
粗大ごみ受付センターに電話で申し込みをします。

 

賃貸物件から引っ越すなら掃除はしておいたほうが良い

マナーの一つですが賃貸物件から引っ越すなら
これまで住んでいた家は掃除をして出ていくほうが良いです。

普段の掃除で忘れてしまうような部分も
きっちりキレイにしておけば
次に住む人も気持ちよく住むことができます。

 

荷造りはしておきましょう

すべてお任せプランではない場合は
荷造りはしていたほうが良いでしょう。

引っ越し業者によっては梱包資材を提供してくれる場合もありますが
提供してくれない場合は自分で買い集めて荷造りをしていくことになります。

 

荷造りは荷物の量によりますが
だいたい引っ越しをする前の1週間~1ヶ月前くらいから
作業を開始していたほうが良いでしょう。

ですが、早すぎる梱包は部屋に段ボールでいっぱいになるので
使わないものから地道に荷造りしていきましょう。

 

段ボールの中身がわかるように
何が入っているのかをマジックで書いておくと良いですね。

筆者が初めて引っ越しをしたときに
段ボールに何が入っているか書いていなかったので
箱を開けて確認をしていたことがあります。

 

そういう手間を省くためにも荷造りをしたら
段ボールに何が入っているかを書いておくほうがわかりやすいですよ。

 

まとめ

  • 賃貸物件の家賃は月収から30%くらいが良い
  • 契約をするときは書類とお金は持っていたほうが良い
  • 引っ越しをする場合は都合が良い日を選ぶ
  • 粗大ごみは粗大ごみ受付センターに電話して申し込む
  • 段ボールには何が入っているかを書いておく必要がある

 

賃貸物件は月収から30%くらいの物件を選べば
毎月の生活は来回らなくてすみます。

家賃だけで生活が困難になるのは
本当につらいですからね。

 

引っ越しをする場合は
当然ですが都合の良い日を選ぶのが良いでしょう。

引っ越しする前の家は、ちゃんと掃除をしてから
出るようにしたほうが次の人が入居するときに
気持ちよく住むことができます。

 

粗大ごみなどは、粗大ごみ受付センターに電話すれば
回収をしてくれます。

粗大ごみはタンスとか冷蔵庫などですが
場合によってはリサイクルショップで買い取ってくれるかもしれません。

 

一応捨てる前に、リサイクルショップに
出張買取をしてもらいましょう。

賃貸物件を探すなら不動産会社選びも
実は重要なのです。

 

不動産会社をしっかりとえらばないと
強引に賃貸物件を押し売りされて冬香な思いをしてしまいます。

そうならないための不動産選びを
以下のページで紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓   ↓↓

不動産会社の選び方は賃貸選びよりも重要な理由とは?

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引っ越し前に冷蔵庫の電源はいつ入れていつ切れば良い?

  • 失敗しない引っ越し業者の選び方ってある?何を基準に探せばよいかを検証

  • 引っ越しではレイアウト図を作成したほうが作業効率が良い?

  • 引っ越し先で家具が階段を通らない場合はどうすれば良い?