1. TOP
  2. 引っ越しをする前に知っておくべきこと
  3. 引っ越しをする前にやるべき準備
  4. 失敗しない引っ越し業者の選び方ってある?何を基準に探せばよいかを検証

失敗しない引っ越し業者の選び方ってある?何を基準に探せばよいかを検証

最近は、ネットでも引っ越し業者に
見積もりを出してもらうことができるようになってきました。

便利ではありますが、いろいろな引っ越し業者があるので
どの業者に依頼すればよいのか悩む場合が多いです。

 

引っ越し業者の選び方やポイントを、紹介していきます。

 

引っ越し業者を探すタイミングはいつ?

引っ越し業者を探すのは
どのくらい前から探し始めれば良いのか悩むところでしょう。

賃貸住宅の場合は、通常1ヶ月前から大家さんや
管理会社に退去予告をするのが一般的です。

 

契約をする時にも説明されたり
記載されていたりします。

引っ越し業者を探す場合は、入居する物件が見つかっていることが前提で
引っ越し先を決めてから、引っ越し業者を探し見積もりを依頼します。

 

引っ越し作業に必要な時間から逆算していけば
引っ越し業者選びを始める時期も自然と決まってくるのではないでしょうか。

筆者が引っ越しをするという場合は
引っ越し予定日よりも2週間前には引っ越し業者から
梱包資材を送ってもらうようにします。

 

予定日前の1週間で、荷造りをしていきます。

なので、引っ越し業者の見積もりは予定日よりも
1ヶ月前には依頼しておくということになります。

 

つまり、引っ越し業者選びは引っ越す予定の非より
2ヶ月前から探し始めると良いという事になります。

しかし、上記の目安は引っ越しシーズンの、「2月~4月」を避けた場合です。

 

引っ越しシーズンの「2月~4月」なら
さらにプラス2週間~1ヶ月前から動き始めたほうが良いでしょう。

しかも、引っ越し業者のトラックも数に限りがあるので
引っ越しシーズンの場合は早くから予約が埋まってしまいます。

 

「2月~4月」で引っ越しをする場合は
引っ越し予定日より1ヶ月早めに引っ越し業者を探すと良いですね。

 

引っ越し業者の選び方

引っ越し業者選びをする場合は
手間が少ない一括見積を利用するのが一番です。

見積もりを依頼すると各引っ越し業者から
見積金額の連絡メールが届きます。

 

実は、こうした見積金額のメールだけでも
引っ越し業者を選ぶポイントがあるのです。

一括見積サービスを利用すると引っ越し業者からのメールが10社くらい来るかもしれませんが
その中で、最も返信が早く文面なども丁寧なら信頼できる業者といえます。

 

初めての顧客に対して対応が遅く備考欄で質問をしたことの返事も
答えないような引っ越し業者の場合はサービスの質が低いと考えてよいでしょう。

 

訪問見積もりの準備

予算が最優先という場合は訪問見積もりの前の段階で
運ぶものと捨てるものを分けておきましょう。

しかし、見積もり前なのに
運ぶものと捨てるものを分ける必要があるのでしょうか?

 

実は、訪問見積もりの場合は
引っ越し会社が運ぶ予定の荷物をカウントしていきます。

つまり、事前に余計な荷物を省いておけば
それだけトラックのサイズが小さくなり料金も安くなる可能性もあるということです。

 

引っ越し業者選びは費用と時間とサービス内容の優先順位を
付けることがとても大切です。

少しでも引っ越し費用を下げたいという場合は
見積依頼をする前にいらないものは捨てるという事をしましょう。

 

事前に不要な荷物を分ける必要がありますが
中には大型の家具や電化製品などを捨てる場合もあるでしょう。

不用品回収会社に回収をしてもらう人も多いでしょうけど
引っ越しのタイミングで引っ越し業者に引き取ってもらう事が可能なら
余計な手配も省けるので訪問見積もりで不用品があるなら伝えておきましょう。

 

引っ越し業者が不用品を引き取ってもらえるなら
その処分費用も含めた見積もりを出してもらうのも良いですね。

 

引っ越し業者のサービス内容は?

一括見積サービスで対応が早かった業者を
何社か選んで、その中からさらにサービスを比較していきます。

サービスが良くて低予算で引っ越しができる業者を
誰もが選びたいところではないでしょうか。

 

メールだけの段階では、金額の安さだけで決めるのは
失敗しやすい典型です。

大切なのは何をどこまでのサービスで
値段はどれくらいなのかという事です。

 

たとえば、エアコンなどの移設サービスが含まれているのかどうかや
自分が求めるオプションサービスがあるかどうかも確認しておきます。

引っ越し業者には大きく分ければ
「大手」と「地域密着型」の2種類あります。

 

大手の場合は営業店が各地にあり色々なエリアの引っ越しに慣れているので
どんな地域への引っ越しにも対応しています。

なので、遠くに引っ越す場合は
大手のほうが安心できるでしょう。

 

地域密着型の引っ越し業者の場合は、大手と同じく引っ越しパックや
オプションサービスが充実していることが多いです。

会社の知名度だけで安心せずに有名ではない引っ越し業者も
公平にサービス内容を大手と比較していくことが重要です。

 

同じサービス内容で引っ越しができる場合で知名度が低い引っ越し業者のほうが
低予算で引っ越しできるなら知名度が低い引っ越し業者を選んだほうが良いでしょう。

さらに、サイトを比較して4社くらいに絞ったら
より具体的な見積もりを出してもらうために訪問見積もりをしてもらいます。

 

同じ日に時間をずらして訪問してもらう場合は
時間の割り振りを考えると4社くらいを上限にして選んだほうが良いですね。

 

引っ越し当日でのトラブルを回避するには?

訪問見積もりは、あなたの部屋や自宅に担当者が入ってくるので
嫌悪感を示す人もいるかもしれません。

しかし、訪問見積もりはイメージをしているよりも荷物がおおい場合は
引っ越し金額が上がることがあります。

 

金額のブレを防ぐためにも
訪問見積もりは大切な工程のひとつなのです。

訪問見積もりをしてもらう事で
引っ越し当日のトラブルも防ぐことができますよ。

 

訪問見積もりで最も重要なのは運ぶものと
不要なものや必要なサービスなどを余すことなく伝えることが大切です。

引っ越し業者によっては独自のサービスもあるので
あなたが求める内容のオプションもあるかもしれません。

 

なので、あなたの希望を担当者に伝えて
類似するオプションなどを付けてもらうようにするのも良いですね。

訪問見積もりをする場合は1日ですべての引っ越し業者に
訪問見積もりをしてもらうことが大切です。

 

営業担当者はお客さんがほかの引っ越し業者との見積もりをすることを理解しているので
契約を決めてもらうために「今契約をしてくれれば値引きします」と提案してくることもあります。

さらに引っ越し担当者はトラックの空きがなくなることも考えて
お客さんに即決を提案してくることもあるようです。

 

他社の見積もりを聞く前に値引きをするなどと言われれば
即決してしまいそうになりますよね。

ですが、そんな言葉に対応できる魔法の言葉が
「今日一日だけ待ってほしい」という事を伝えることです。

 

引っ越しピークシーズンを除けば
引っ越し業者のトラックが1日で埋まるという事はほとんどありません。

なので、1日だけ待ってもらって
全ての訪問見積もりをこなすという方法が一番良いでしょう。

 

人によってはマナー違反だという考えもあるかもしれませんが
複数の引っ越し業者に見積もり依頼をしているという事も担当者に伝えても問題はありません。

 

引っ越し業者を選ぶときの注意点

各引っ越し業者の見積もり金額が出そろえば
次は引っ越しを任せる業者を1社だけ選ぶことになります。

引っ越し業者は値段の安さだけではなく
サービス内容も希望のオプションがあるかも確認しましょう。

 

金額だけで比較することだけは
避けたいところですね。

オプションサービス以外でも段ボールや
ハンガーボックス、ガムテープなどという梱包資材が
どれだけ付属しているかもチェックしたほうが良いです。

 

そして、引っ越し業者の比較でぜったい押さえておきたいポイントは
「どういう風に運ぶか」ということです。

例えば、4トントラック分の荷物があった場合は
引っ越し業者によっては4トントラック1台で運ぶこともありますが
2台で運ぶことがあったりします。

 

場合によっては、1台で往復をするという荷物の運び方もあり
運び方は業者によっては色々です。

トラックのサイズや作業人数によって
作業にかかる時間も大きく変わってきます。

 

こうした場合は、4トントラック1台のほうが作業効率は良くて
短時間で引っ越し作業が終わります。

トラックを2台に分けて作業員を1人減らしたり
近距離なのに1台で往復をすると時間はかかるけど
引っ越し費用が安くなるケースもあります。

 

同じ引っ越し日でも引っ越し業者の作業開始時間を任せることでも
引っ越し費用を抑えることができます。

スムーズに早く引越しを終わらせたいのか
多少時間がかかっても料金を安くしたいのかによっても
引っ越し業者選びは変わってきます。

 

さらに、オプションサービスがどこまで求めるのかによっても
引っ越し業者選びのポイントになってくるでしょう。

サービスと料金を天秤にかけながら
あなたに合った引っ越し業者やサービスを見つけると良いでしょう。

 

失敗しない引っ越し業者の選び方ってある?まとめ

  • 引っ越し業者を探すのは引っ越し日の2ヶ月前から行う
  • 引っ越し業者は料金だけではなくサービス内容もチェックしたほうが良い
  • 希望するオプションがあるかどうか担当者に聞いたほうが良い
  • 多少時間がかかっても料金を安くするか早く引越しを終わらせたいのかによって選び方も変わる

 

引っ越しを予定している日よりも2ヶ月前から
引っ越し業者を探し始めると良いです。

早めに引っ越し業者を見つけることは
それだけスムーズに引っ越しができます。

 

また、引っ越し業者は料金だけで選ぶのではなく
サービス内容もしっかりとチェックしたほうが良いでしょう。

希望するオプションがあるかどうかも
チェックしていたほうが無難ですね。

 

訪問見積もりをする前に不用品と引っ越し先にもっていく荷物を
ちゃんと分けておくことが重要です。

さらに、不用品は担当者に伝えておけば
不用品までカウントされなくなります。

 

色々とある引っ越し業者は一括見積サービスを利用すると
かなり時間も手間も省くことができるので利用してみると良いでしょう。

↓↓      ↓↓

簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!

PR

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引っ越し前に冷蔵庫の電源はいつ入れていつ切れば良い?

  • 引っ越しをするときにパソコンの梱包はどうする?

  • 賃貸では火災保険は絶対加入しないといけない?加入しないとどうなる?

  • 引っ越し先で家具が階段を通らない場合はどうすれば良い?

  • 単身で引っ越す場合の値段が安い引越し業者はどこ?【おすすめランキング】

  • 引っ越しではレイアウト図を作成したほうが作業効率が良い?