1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. 不動産会社の選び方は賃貸選びよりも重要な理由とは?

不動産会社の選び方は賃貸選びよりも重要な理由とは?

住もうと思う場所が決まれば
次は賃貸物件を探す人は多いです。

ネットや情報誌を見て物件を探す人もいますが
実際に不動産会社に行かないと見れない賃貸物件もあるのです。

 

地元の不動産会社は、その地域のことをよく知っています。

住みたい場所が絞れていない場合は
さらに広い範囲で展開している不動産会社を訪ねると良いですね。

 

今回は、不動産会社選びが重要な理由と
おとり物件がある不動産会社は危険な理由を紹介していきます。

 

不動産会社選びが重要な理由

賃貸物件は、どこの不動産会社でも扱えるのです。

通称レインズという宅地建物取引業法の国土交通大臣が指定している
流通機構があって不動産会社が観覧できるデータベースがあります。

 

なので、別の不動産会社で見た物件が
ほかの不動産会社でも見ることができる場合があります。

それは、レインズに登録している仲介会社なら
どこの不動産会社でも紹介してもらえるということです。

 

なので、不動産会社選びは
とても重要なものとなってくるのです。

 

不動産会社の種類と特徴は?

不動産会社にも種類というものがあり
その特徴は、それぞれ違いがあります。

それぞれの不動産会社の種類や特徴について
一つ一つ紹介をしていきます。

 

大手不動産会社

大手不動産会社には、紹介できる物件数がかなり多いので
条件に合った物件を見つけやすいというメリットがあります。

さらに、支店が多いので住みたい場所の物件など
範囲を広げて探してもらいやすいです。

 

条件が絞れていない場合は、担当者と相談しながら探すこともできるので
条件を変えながら賃貸物件を探すには良いでしょうね。

社名が有名なので安心感もありますし
信頼性も高いといえます。

 

ただ、賃貸物件数が想像を絶するくらい多いので
担当者もすべての情報を把握しきれていないこともあります。

営業担当者も転勤があるので
周辺地域の知識がない場合もあります。

 

フランチャイズ加盟店

フランチャイズ加盟店の場合は
大家さんと直接やり取りをしていないことが多いです。

他社が扱っている物件を、仲介することが多いですね。

 

古くから地元で開業している小さい不動産会社

分かりやすく言えば、アニメのサザエさんに登場する
「花沢不動産」が典型的な例でしょう。

小さい不動産会社なので家族で経営しているなど
2人から3人という少人数で営業している会社ですね。

 

紹介できる物件数は少ないですが
直接大家さんとやり取りをしているケースが多いです。

さらに、周辺地域のことも熟知していることが多く
周辺情報に関しては詳しい場合が多いですね。

 

ひょっとしたら、問題のある人が住んでいるかどうかも
知っていたりするかもしれませんね。

 

おとり物件は危険度マックス!

不動産会社の中には、来店をしてもらいたいと思い
誰もが良い条件と思えるような物件を広告や店頭に掲載している場合があります。

こういう行為は法律で禁止されているらしく
取り締まりも行われているようです。

 

しかし、そういう「おとり物件」は
なかなか見抜くことができないこともありますね。

「おとり物件」を見に来店したら
ときすでに成約済みといわれることがあります。

 

さらに、別の物件を紹介されることになるのです。

おとり物件かどうかを見分けるのは
気になった物件の街の相場や広さなどや築年数を
類似物件と大きな差がないかを比べていきます。

 

おとり物件とは、不動産会社だけがしているわけではないですが
そういう物件を紹介している店舗には来店しないほうが良いでしょう。

 

担当営業マンによっても差が出てくる

不動産会社選びも重要ですが
担当営業マンによっても違いがあります。

担当営業マンも周辺地域の情報をしっかりと持っていることや
質問にもすぐに答えてくれる担当者のほうが良いですね。

 

担当営業マンに実際に話をしてみれば
自分と会うかどうかが理解できるはずです。

ノルマ達成のために強引に
希望する物件以外を紹介してきたら
その店舗では物件を探さないほうが良いでしょうね。

 

選ぶべき不動産会社のポイントはこれだ!

賃貸物件を探す場合は店頭にある広告や
物件の情報を見て来店を決めるかもしれません。

ですが、その中には「安い!」「希望の物件あります!」など
怪しい言葉で来店を誘う広告がある場合は、不当な情報操作をしている可能性があります。

 

そんな店舗に来店をしても、条件が悪いわけではないけど思ったほど情報が少なく
良い物件とは思えないこともあります。

さらに、担当者の話も嘘っぽく聞こえてしまうこともあるので
そういう場合は迷わないで、その場を立ち去るほうが良いでしょう。

 

不動産会社の店舗に入らなくても路上看板を見ただけで避けるべき店はこれ!

不動産会社の店舗前に、路上看板はありますが
これが、歩道や公道に看板を置いているかどうかで
やめたほうが良い店舗と入っても良い店舗に分かれます。

たとえば、歩道や公道に堂々と看板を置いている店舗は
違法性があり、何をしても良いという感じだといえます。

 

不動産会社は土地についても詳しいはずなので
これらについても、守られていない場合は不動産の知識が乏しい問い考えて良いです。

また、平気で違法な行為をするくらいですから
紹介する方法も、違法性があるかもしれません。

 

まとめ

  • 条件に合った物件探しをしてくれる不動産会社が良い
  • おとり物件を用意している不動産会社は避けるべき
  • 胡散臭い広告や張り紙を出している不動産会社は避けたほうが良い
  • 歩道や公道に看板を置いている不動産会社は入らないほうが良い

 

条件に合った物件を探してくれる不動産会社は
当たり前の話ですが、良い付き合いができそうです。

担当者も豊富な知識と、好条件の物件を紹介してくれるなら
本当にありがたい話です。

 

しかし、そういう親切な不動産会社ばかりではなく
なかには、おとり物件を用意して来店させる店舗もあるのです。

胡散臭い広告や相場よりも安すぎる物件情報がある場合は
避けたほうが良い不動産会社かもしれません。

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 失敗しない賃貸物件を探す3つのコツとは?

  • 引っ越しをする場合にコロナで注意すべき事とは?延期も検討したほうが良い?

  • 失敗しない賃貸の探し方!家賃が安い物件探しのコツとは?

  • 2人暮らしをするための賃貸を選ぶ方法!初めての同棲でも快適物件を探すやり方

  • 貸家一戸建てのメリット・デメリットは?本当に住みやすい?

  • ゴールデンウィークでの賃貸探しわずか2だけのコツ