1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. 貸家を借りるときに出てくる「3LDK」とは?2LDKとの違い

貸家を借りるときに出てくる「3LDK」とは?2LDKとの違い

賃貸を借りようと思ったときに
「3LDK」という用語が出てきます。

ほかにも「3DK」や「2LDK」などもあり
どの部屋に住めばよいのか迷ってしまいますね。

 

このページでは、3LDKの間取りはどれくらいなのかを
紹介していきます。

 

そもそも3LDKって何?

3LDKとは3つの部屋の合計が「18~21畳」くらいで
専有面積が75~80㎡くらいの広さを言います。

3LDKの家にはキッチンスペースが
10~11.5畳の部屋が多いです。

 

3LDKは基本的に家族向けの家で
専有面積が広い部屋が多いです。

自宅で仕事をするという場合は
お金に余裕があるなら3LDKに住むと良いかもしれません。

 

3LDKと3DKの違い

3LDKと3DKの違いはキッチンスペースの広さで
DKという間取りは昔にはやっていたので
古い物件の場合は3DKの場合もあります。

3LDKのキッチンスペースは8畳以上です。

 

ですが、3DKのキッチンスペースは
4.5~8畳くらいです。

 

3LDKと2LDKの違い

3LDKと2LDKの違いは部屋の数です。

 

  • 3LDK:部屋が3つ
  • 2LDK:部屋が2つ

 

3LDKと2LDKのキッチンスペースは
どちらも8畳以上あります。

3LDKは部屋数が多いので2LDKよりも
家賃が高い場合が多いです。

 

「LDK」というのは何を意味している?

「LDK」というのは「L=リビング、D=ダイニング、K=キッチン」を
意味していて、3LDKは3つの部屋があるという意味になります。

さらにキッチンと食事する場所と
リビングが同じ空間にあるという考え方になります。

 

3LDKは夫婦二人に子供二人なら
もっとも最適な間取りになります。

たとえば、夫婦二人が下の階で寝て
子供二人が上の階で寝るという風にできますよね。

 

まとめ

  • 3LDKとは3つの部屋の合計が「18~21畳」くらいを言う
  • 3LDKはキッチンが広い
  • 3DKの「3」は部屋の数のこと

 

3LDKとは部屋が3つあるということで
部屋の合計が「18~21畳」くらいあるのが特徴です。

また、3LDKはキッチンが広いという特徴もあるので
キッチンが広いのが良いという場合は3LDKを選ぶのもよいですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引っ越し一括見積サービス「引っ越し侍」の辛口評価!批判的な内容が多いその理由

  • 引っ越しをする場合にコロナで注意すべき事とは?延期も検討したほうが良い?

  • 賃貸の間取り図だけを信用してはいけない!?賃貸物件を探すときの注意点

  • 引っ越しの物件探しはいつから始めると良い?

  • 不動産会社の選び方は賃貸選びよりも重要な理由とは?

  • 賃貸探しで必要な妥協点を見つける方法とは?