1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. 子育ても大丈夫!後悔しそうにない賃貸物件の選び方

子育ても大丈夫!後悔しそうにない賃貸物件の選び方

子育てしやすい環境の賃貸って
どのようにして探せばよいのか悩みますよね。

どういう地域が子育てしやすいのかを
紹介していきます。

 

子育てしやすい賃貸物件の選び方とは?

子育てしやすい賃貸物件の選び方の優先順位は
子供が住みやすいのかどうかにあります。

子供が住みやすく快適に子育てしやすい賃貸物件は
以下のようになります。

 

2DK以上の間取り

2DK以上の間取りなら子育てしやすいです。

なぜなら、子育ての部屋と親の根室を
分けることができるからです。

 

子供が大きくなったら
そのまま子供部屋にできるというメリットがあります。

そして、LDKのリビングスペースが広い間取りの場合は
リビングを子供の遊び場として使用できるので家事をしながらでも
子供の面倒を見ることができるのです。

 

キッチンが対面式

対面式のキッチンなら料理をしながら
子供を見ることができます。

特に赤ちゃんや幼稚園くらいまでの子供がいる場合は
対面キッチンのほうがメリットが大きいです。

 

対面キッチンの場合は子供が寝ているときや
急に泣き出してもすぐに把握できますし対処もすぐにできます。

さらに、子供も母親が目の前に見えているので
安心して遊ぶこともできるので一石二鳥だといえますね。

 

防音性が高い

鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の賃貸の場合は
防音性の高い部屋を選んだほうが良いでしょう。

防音性の低い部屋の場合は子供が走り回る音や
鳴き声などが上下左右の部屋に響いて聞こえるからです。

 

その結果、周辺住民とのトラブルにつながるので
防音性の高い部屋を選んでおいたほうが良いということです。

また、防音性の高い部屋でも厚手のカーペットや
遮音的を床に敷くなど色々な防音対策を念のためにしたほうが良いでしょう。

 

収納スペースが多い

収納スペースの数は多いほうがよいですし
出来れば広めの部屋を選んだほうが良いでしょう。

収納スペースに関しては夫婦の荷物だけではなく
子供の衣類やおもちゃなど荷物が増えてしまいます。

 

なので、収納スペースが広いと荷物もたくさん置くことができますし
使えるスペースも広くなるのでメリットは大きいです。

 

駅徒歩10分以内

最寄りの駅までの距離が長いと
子供と出かける場合に疲れてしまいます。

駅から近ければ近いほど
子供も疲れないでしょう。

 

なるべく、子供が疲れないようにしてあげましょう。

 

子育てしやすい環境の特徴とは?

子育てしやすい環境は、教育機関が
近くにあるかどうかなどが重要ですね。

たとえば、保育園や学校などが自宅となる賃貸物件の近くにあれば
子供が歩く時間が少なくなるので犯罪に巻き込まれる可能性が低くなります。

 

さらに、保育園が近くにあるなら
送り迎えをする負担も軽くなるでしょう。

また、子供が遊べる公園が近くにある場合は
休日に近所の家族連れの人と憩いの場になります。

 

また、周辺住民とのコミュニケーションの場にもなるので
公園を利用して周辺の家族と親交を深めることができるでしょう。

 

物件自体のメリットも注目!

1階に住むメリットは子供が小さいうちは
かなりメリットが大きくなります。

なぜなら、子供が部屋を走り回ったり飛び回ったりしても
1階なら下からの苦情はないからです。

 

左右に音が響くかもい知れませんが
微々たるものなので気づくかどうかは人によって違うかもしれません。

また、2階以上に住むと小さい子供の場合は
ベランダから何らかの理由で転落する可能性も考えられます。

 

また、部屋には和室があったほうが
小さな赤ちゃんの場合はメリットが大きいです。

実は硬いフローリングよりも柔らかい畳のある和室のほうが
遊んでいてもけがをする危険が少ないのです。

 

物件の間取りによってはリビングからjも和室で遊ぶ子供を
確認できるのでいろいろな面でも重宝すると思われます。

 

収納スペースが多い物件はメリットが大きい

子供の成長というのは速いもので
すぐに服のサイズが合わなくなることがあります。

また、新しいおもちゃも欲しがるため
買い足していくことで荷物が増え続けていきます。

 

第二子が生まれる予定なら
少しでもお下がりを活用したいでしょう。

保管場所がない場合は
いちいち買いなおさないといけません。

 

そういうことを考えると収納スペースは
多い部屋を選んだほうが良いといえますね。

 

まとめ

これから子育てを検討している夫婦にとっては
子供のことを考えて賃貸物件を探すようにしないといけません。

子供が走り回ったり飛び跳ねたりすることを考えて
1階に住むことを考えたほうが良いでしょう。

 

最近では、子供の声がうるさいという理由で
隣人とのトラブルも目立つようになってきました。

周辺住民がどういう人が住んでいるかまでは
中々わかりづらいですが、子供がいる世帯が
たくさん住んでいる賃貸なら安心できそうですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 不動産会社の選び方は賃貸選びよりも重要な理由とは?

  • 家賃の支払いだけで生活が苦しくならないためのゆとりある生活を送る秘策

  • 引っ越し一括見積サービス「引っ越し侍」の辛口評価!批判的な内容が多いその理由

  • 初めて賃貸を選ぶ人が犯しがちなポイントを回避する方法

  • 安い家賃の賃貸物件の定義とは?本当に安心して住める?

  • 引っ越しの物件探しはいつから始めると良い?