1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. 失敗しない賃貸物件を探す3つのコツとは?

失敗しない賃貸物件を探す3つのコツとは?

失敗しない賃貸物件を探す方法は
現在の収入を考えたり仕事場までの距離を考えたり
色々な方法があります。

賃貸物件で失敗しない探し方を
紹介していきます。

 

物件探しのコツを理解しなくてはいけない理由

賃貸物件に実際に住んでみると
内見した時とは違いいろいろなデメリットが見つかることがあります。

筆者が経験したのは、内見した時と
実際に荷物を入れたときのギャップがありすぎて
予想よりも荷物が入りきらないということがありました。

 

入居後にもう少し部屋が広かったらとか
収納スペースがもっとあったらよかったなど後悔することもありますね。

人によってはいろいろな不満が後から出てくるかもしれませんが
移り住むときにできる限り不満が少なくするためには
物件を探す段階で探し方のコツを知っておくべきです。

 

筆者の経験上をもとに
賃貸物件の探し方を紹介していきます。

 

賃貸物件を探すコツ1:家賃で決める

賃貸物件を探すときに確認しておきたいのが
現在の収入と家賃がつりあっているかどうかを考えます。

家賃は毎月かかるので「なんとなく支払えるんじゃない?」など
適当に家賃を設定して賃貸物件を探すと後々生活が厳しくなる可能性があります。

 

筆者の場合は自分の収入と家賃を照らし合わせ
毎月支払える許容範囲を計算します。

あらかじめ毎月支払える家賃を計算してから
賃貸物件を探すようにしているのです。

 

そうしたほうが、失敗は少ないでしょう。

 

賃貸物件を探すコツ2:地域で決める

人によっては「少しでも便利な場所に引っ越したい」と
そのように考えるかもしれません。

限りなく家賃を安く設定している場合は
生活の利便性は少しでも犠牲にするべきだと感じます。

 

筆者の場合は、仕事場所から自宅まで
それほど遠くなりすぎないような距離に
引っ越すようにしています。

会社から半径20キロ以内で賃貸物件があり
家賃が安い物件なら条件はぴったりです。

 

実際に、会社から13キロしか離れていない賃貸物件を見つけ
住んでいますし、家賃も4万5千円で毎月支払える金額です。

賃貸物件を探す場合は
少なからず妥協するべき部分があります。

 

筆者の場合は、生活の利便性は妥協しているので
家賃はそれほど高くないです。

つまり、引っ越し先を決める場合は
あなたの収入に見合った家賃で
通勤する会社までの距離が遠すぎない場所が望ましいといえます。

 

賃貸物件を探すコツ3:支払いができそうな初期費用で決める

初期費用の目安は家賃の5か月くらいで
敷金や礼金などや前家賃、仲介手数料、火災保険料が含まれています。

家賃が安くても初期費用は
それなりの金額が必要です。

 

初期費用が支払えない場合は
礼金がない物件や敷金がない物件を探すと良いでしょう。

 

ゼロゼロ物件は危険?!ゼロゼロ物件とは

ゼロゼロ物件とは、敷金や礼金がゼロ円という意味の物件で
初期費用が安くなるのでかなり人気があります。

しかし、ゼロゼロ物件には「危険」「裏がある」など
マイナスイメージになるような評判もあります。

 

しかし、ほとんどが誤解と理解不足によるもので
実際は危険でも裏があるわけでもありません。

 

ゼロゼロ物件には「短期解約違約金」という条件がある?!

ゼロゼロ物件は初期費用が安く抑えられますが
それなりの条件があります。

敷金と礼金が無い代わりに
短期間しか済まない場合は違約金を支払うことになります。

 

ゼロゼロ物件は2年契約が普通です。

たとえば、隣の入居者が夜中に騒音を立てたり
嫌がらせをされたりして耐えられないという理由で
1年未満で解約をしようとしても「短期解約違約金」を支払うことになります。

 

こうしたもやもやが残った状態で「短期解約違約金」を支払うことになるので
ゼロゼロ物件は危険だと言われるのかもしれません。

 

まとめ

  • 賃貸物件の家賃や場所はよく考えて決めないとダメ
  • 初期費用を安く抑えたいなら敷金・礼金が無い物件を選んだほうが良い
  • 家賃と場所を重視するならいくらか妥協しないといけない

 

賃貸物件を選ぶときは家賃や場所を考えないと
毎月の支払いが苦しくなりますし通勤や通学も辛くなります。

できる限り、通勤・通学している会社や学校が近い場所にある
賃貸物件で家賃が安い物件を選んだほうが良いでしょう。

 

初期費用を安く抑えたい場合は
敷金や礼金が無い物件を選びましょう。

ゼロゼロ物件が一番良いですが
1年未満で解約すると違約金が発生します。

 

だいたい、ゼロゼロ物件は2年くらい住むのが前提で
契約をするので短期間しか住まないなら
ゼロゼロ物件は選ばないほうが良いかもしれません。

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引っ越し一括見積サービス「引っ越し侍」の辛口評価!批判的な内容が多いその理由

  • 貸家一戸建てのメリット・デメリットは?本当に住みやすい?

  • 不動産会社の選び方は賃貸選びよりも重要な理由とは?

  • 安い賃貸を探す最も効果的な方法はある?家賃が安いのは事故物件だとは限らない!

  • 賃貸探しで必要な妥協点を見つける方法とは?

  • 賃貸の間取り図だけを信用してはいけない!?賃貸物件を探すときの注意点