1. TOP
  2. 引っ越しをする前に知っておくべきこと
  3. 引っ越しをするための手続き
  4. 賃貸で保証人がいない場合の対処法は?保証人がいない場合の契約方法

賃貸で保証人がいない場合の対処法は?保証人がいない場合の契約方法

賃貸に住む場合は、保証人が必要となる場合があります。

賃貸契約での保証人というのは借主の支払い能力を
保証するとともに、借主が家賃滞納をした場合に
連帯保証人として支払う責任を持つ立場です。

 

賃貸物件を借りる場合は、一般的に1人~2人の保証人が必要です。

借金の連帯保証人とは違って、賃貸の保証人は借主が家賃をしアhらえなかった場合は
大家さん側にとっても損害になるので、保証人の存在が重要になってくるのです。

 

ですが、多くの人が保証人が要るとは限らず
人によっては保証人になってくれる人がない場合もあるでしょう。

賃貸を借りようという場合に
保証が人がいなくても賃貸を借りる方法などを紹介していきます。

 

そもそもどうして保証人が必要?

保証人は部屋を借りようとする人が家賃を支払う能力があるという事を
保証するという意味で、保証人が必要になります。

保証人と連帯保証人がありますが、
どちらも意味が異なります。

 

簡単に言えば、保証人は借主が家賃を滞納して支払えなくて
大家さんが保証人に「家賃を支払ってください」と言っても
借主に請求してくださいと主張ができます。

しかし、連帯保証人は借主が家賃滞納をして支払えなくなって
大家さんが「家賃を支払ってください」と連帯保証人に行っても借主に請求してくださいとは言えません。

 

しかし、連帯保証人も保証人も借主が家賃を支払えなくなった場合に
代わりに家賃を支払う義務を負うというのは同じです。

 

連帯保証人になるための条件

連帯保証人は誰でもなれるわけではなく
以下のような条件が必要です。

 

  • 安定収入がある事
  • 資産がある事

 

さらに、借主と最も近い人物でなくてはいけません。

高齢の方でも以上の条件を満たしていれば
連帯保証人になることができます。

 

保証人がいない場合でも賃貸契約ができる方法

保証人がいなくても、部屋を借りることができます。

色々な理由で保証人がないというのは
誰でもある事でないでしょうか。

 

保証人がいない場合でも
「家賃保証会社」などを利用すると部屋を借りることができます。

ほかにも、保証人が不要な物件を探す方法もありますが
家賃保証会社を利用する方法を、見ていくことにしましょう。

 

家賃保証会社を利用するには?

家賃保証会社にも審査があり
審査に通過しないと部屋を借りることができないのです。

家賃保証会社の審査に通過するためには
色々な条件をクリアしないといけません。

 

簡単に条件をいえば、収入と家賃のバランスはとれているかや
過去に家賃滞納の経歴はないかなどを調べられます。

家賃滞納が過去にあった場合は
審査を通過することができません。

 

他にも年齢や勤続年数なども
いろいろと個人情報を保証会社に伝えないといけません。

必要な書類は源泉徴収票や住民票など
保証会社に提出します。

 

家賃保証会社の料金は?

家賃保証会社に保証をしてもらう場合は
当然ですが、料金が発生します。

保証料は「家賃の数%」とか「家賃の1ヶ月分」という感じで
料金は決まります。

 

家賃保証会社の契約は2年で初回時に1~3万円を支払うか
家賃の30~70%となっています。

保証料の支払い方法は
家賃保証会社によって違います。

 

家賃保証会社によっては
「月払い」や「年払い」問う感じになっています。

 

家賃保証会社に保証人になってもらうときの注意点

家賃保証会社に保証人になってもらう場合は
メリットばかりではありません。

1K・1Rなどの一人暮らし向け賃貸では
100%などの高率になることもあります。

 

家賃保証会社と契約をした場合は
敷金と礼金以外で保証料というものが必要になります。

つまり、家賃保証会社への支払いが
別に必要になるのです。

 

家賃保証会社の多くは、家賃の半月分か1ヶ月分又は
1~3万円の固定額に設定されていることが多いです。

 

家賃保証会社の取り立ては厳しいって本当?

家賃保証会社の取り立ては
特に厳しくない会社もあります。

しかも、家賃を滞納してしまっても
家賃保証会社が立て替えてくれるというわけではありません。

 

「え、家賃を滞納したら代わりに支払ってくれるんじゃないの?」

そう思うかもしれません。

 

確かに、家賃を滞納して支払えない場合は
家賃保証会社が立て替えて支払ってくれます。

しかし、代わりに家賃を支払ってもらったわけではなく
あくまで、建て替えて支払いをしてもらっただけです。

 

家賃を滞納してしまう事で、信用情報に傷がついてしまい
クレジットカードなどを作る場合の審査にも影響が出てしまいます。

 

家賃滞納をした場合は報告する必要がある

家賃を滞納してしまった場合は
家賃保証会社に滞納があったことを報告しないといけません。

 

こうした報告は、期日も会社によって決まっていて
「滞納発生から○日以内」問う感じで保証会社の契約書に書かれているはずです。

家賃保証会社が決めた期日を過ぎてしまうと
家賃の保証をしてもらえなくなります。

 

なので、家賃保証会社の契約書をよく読んで
家賃滞納が発生してどれくらいまでに報告しないとダメなのか
チェックしておくことが大切です。

 

まとめ

  • 保証人がいない場合でも賃貸は借りることができる
  • 家賃保証会社は家賃を保証してくれる
  • 現在の家賃保証会社の取り立ては厳しくはない

 

保証人がいない場合は、家賃保証会社を利用して
部屋や家を借りることができます。

家賃保証会社と契約をすれば
家賃を支払えず滞納しても立て替えてもらうことができます。

 

一昔前までは、規則がなかったため
家賃保証会社の取り立ては、無法地帯でした。

しかし、今の家賃保証会社は取り立ても自主規制をしていて
昔のようなひどい取り立てする会社はほぼなくなっています。

 

家賃を支払えない人に対して
家賃保証会社は以下のような処置をとります。

 

  1. 督促状の送付
  2. 督促の電話
  3. 集金などの訪問

 

家賃の滞納が数か月間も続くようなら
採取的に裁判や強制的に資産を差し押さえられてしまいます。

ですが、家賃保証会社によっては、悪質な取り立てをする会社も
いまだに存在しています。

 

家賃保証会社とのトラブルを回避するのは
家賃を滞納しないという事です。

引っ越しを開始する場合は
引っ越し業者に依頼すれば楽です。

 

引っ越し業者の選び方を
以下のページで紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓      ↓↓

失敗しない引っ越し業者の選び方ってある?何を基準に探せばよいかを検証

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引っ越し料金が安くなるのは本当?見積もり金額を安くする方法

  • 賃貸物件を借りるのに審査に落ちる人の特徴は?審査の基準は何?

  • 失敗しない引っ越し業者の選び方ってある?何を基準に探せばよいかを検証

  • 賃貸物件の申し込み後にキャンセルはできる?申し込み書の提出や契約前後の違いは?

  • 単身で引っ越す場合の値段が安い引越し業者はどこ?【おすすめランキング】

  • 独身は賃貸が良いのか持ち家が良いのか?老後を逃げ切るにはどっちが最適?