1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. 失敗しない賃貸の探し方!家賃が安い物件探しのコツとは?

失敗しない賃貸の探し方!家賃が安い物件探しのコツとは?

家賃が安い賃貸を探している人は
意外に多いかもしれません。

筆者も引っ越しをする場合は、できる限り家賃が安い物件を
しらみつぶしに探しますからね。

 

しかし、いくら家賃が安くても周辺に変な人が住んでいたり
建物自体に問題があったりする場合もあります。

このページでは、物件探しに注意すべきポイントを
紹介していきます。

 

物件探しのコツを知っていたほうが良い理由

賃貸というのは、家賃が安ければ良いとか
便利な場所だからよいというだけで決めるのは危険です。

なぜなら、入居後に「もっと部屋が広ければ」とか「もっと家賃が安ければ」と
そのように公開してしまう可能性があるからです。

 

せっかく引っ越しをして快適な生活を期待したのに
不満が多くなっては意味がありませんよね。

希望に近い物件を探せるようになれば
快適な生活を送ることができるようになります。

 

最初は決めた金額の家賃の賃貸を探してみる

引っ越すことが決まったら、最初は度くらいの家賃なら
無理なく生活ができるかを考えましょう。

家賃というのは、毎月決まった日に支払わないといけないので
毎月どれくらいの収入があり、どれくらいの消費するのかを計算していきます。

もし、適当に「家賃はこれくらい」と決めてしまうと
生活が厳しくなってしまいます。

家賃は、あなたの収入に見合った値段で
設定をしていくほうが良いでしょう。

 

引っ越し先の家賃と生活費を含めて具体的に計算しよう!

実際に月にどれくらいの収入があり、そこから何を支払わないといけないのかを
具体的に計算をしていきましょう。

たとえば、月収手取り「20万円」なら
以下の生活費を差し引いたらどれくらいになるか見ていきましょう。

以下は2人暮らしで、生活をする場合の一例です。

  • 飲食費:15,000円~
  • 光熱費:12,777円~
  • 携帯電話代:6,000円~
  • 交際費:12,000円~
  • 教養娯楽費・7,500円~15,000円
  • 保険料:3,000円~
  • 雑費:20,000円~

合計は「76,277円」でした。

 

これに、駐車場代や車の維持費が加わると
もう少し支払金額が多くなります。

月収手取り「20万円」から支払合計金額「76,277円」を引くと
「123,723円」ほど残ります。

 

ここから、引っ越し先の家賃を差し引けば
どれくらいゆとりのある生活ができるかがわかるでしょう。

 

家賃の値下げ交渉はできる?

賃貸物件を借りる場合は、家賃を確認するのが一般的です。

あなたの収入に見合った家賃の賃貸を探すのが一番ですが
さらに、家賃が安くなるのはありがたいことかもしれません。

 

「でも、家賃って値下げ交渉なんてできないでしょ?」

家賃の値下げ交渉と聞けば
一般的に上記のような疑問が生まれるのは当然です。

実は、家賃の値下げ交渉というのは
色々な方法を使えばできます。

たとえば、玄関のノブに欠陥のある賃貸の場合は
玄関のノブを自分で交換すると言って
その代わり家賃を下げてほしいという事を言えば値下げに応じる大家さんもいます。

 

筆者の経験では、田舎方面の大家さんの場合は
あっさりと値下げしてくれる人が多かったです。

もちろん、それなりの技術は必要ですし
知識も必要ですけどね。

 

筆者の場合は、玄関のノブを新品に交換するだけではなく
ふすまも新品に張り替えることでも値下げ交渉に成功しています。

ふすま貼の場合は、実際に張り替えた状態を見て
大家さんが決めるという事で同意したことがあります。

ちなみに「ふすま」とは、日本古来の建物によくある
部屋と部屋の間を仕切るための建具を言います。

最近では、「ふすま」というものが少なくなったので
今となっては、それが何かを知らない人もいるかもしれません。

 

現在の家賃交渉の相手は大家さんではなく不動産会社

筆者が家賃交渉をしたのは本当に昔の話で
平成10年くらいの経験を話しました。

しかも、不動産会社を通して賃貸をしている人もいましたが
個人で「入居者募集中」と家の玄関に張り紙をしている家も多かったのです。

 

そういう時代の話なので
現在では全く通用しない昔話です。

現在は不動産会社を通して
家賃交渉をしないといけないケースが増えましたね。

 

つまり、家賃交渉をするのは時期を考えておかないと
かなり難しくて成功率もかなり低くなっています。

 

家賃交渉を成功させるための裏技ってある?

実は、家賃交渉をしても全く相手にされない
引っ越しシーズンに交渉をするのは無謀というものです。

引っ越しシーズンは
一般的に「1月~3月」くらいです。

 

その理由は、4月から進学や就職をする人が多く
進学や就職のタイミングで独り暮らしを始める人が多くなるからです。

さらに、社会人の異動や転勤などが増えるといわれる
「8月~10月」上旬も引っ越しをする人が多いので家賃交渉は避けたいところです。

 

そして、「1月~3月」「8月~10月」は入居希望者が増えるため
大家さんがあらかじめ設定をしている家賃でも契約をしてくれる人は多いので
別に家賃交渉に応じなくても良いという事になります。

なので、繁忙期に家賃交渉は
絶対に避けたほうが良いといえますね。

 

家賃交渉が最もやりやすい時期はある!

結局家賃交渉というのは、無理だと思っているのではないでしょうか。

しかし、1年のうちで引っ越しをする人が少ない
「7月~8月」なら家賃交渉をすれば成功する可能性があります。

 

引っ越しの需要が少ない時期なので空き室も多く
人が入らない物件があれば大家さんも家賃の値下げにも応じてくれることもあります。

さらに、不動産会社も大家さんも認めるような古い建物で
修理が必要な場合は、自分でするからという理由をつけて
家賃交渉をすれば成功する可能性も出てきます。

 

家賃交渉がやりやすい物件とは?

家賃交渉がやりやすい物件は
かなり古い物件でドアなどや部屋と部屋の仕切りなど
傷んでいる箇所が多い場合は成功しやすいでしょう。

ほかにも、周辺エリアの家賃相場よりも値段が高い場合も
新築ではない限りは交渉はやりやすいかもしれません。

 

家賃の値下げがダメなら礼金やフリーレントで交渉をしてみよう

もし、入居したい賃貸を見つけて家賃交渉をするなら
本気で住もうとしていることを、アピールしたほうが良いでしょう。

家賃の値下げ交渉がダメなら礼金の値下げ交渉もできるので
少しだけ予算オーバーをしている場合は交渉を頑張ってみても良いかもしれません。

 

物件を借りる場合に初期費用をどうしても下げてほしい場合は
家賃以外で礼金の値下げ交渉も有効だと思われます。

大抵の大家さんは毎月支払われる家賃だけは
どうしても値下げしくないという場合が多いです。

 

無理に家賃の値下げ交渉をねばるのは
不動産会社に悪い印象を与えます。

なので、家賃よりも礼金のほうを交渉するのが
一番やりやすいかもしれないですね。

 

賃貸物件を見つけたら「内見」は絶対にすべき!

賃貸物件を見つけたら、不動産会社は必ず「実際に見に行きましょう」と
そのように言うはずです。

実際に部屋を見に行くことを、「内見」といいます。

 

ネットや不動産会社で家の間取りや各部屋の写真を見ても
細かい部分がわからないことが多いです。

部屋を実際に見学することで部屋の広さや日当たりなど
実際に体験することができます。

 

筆者が引っ越しをするときの経験では、1つの物件で「10分~20分」くらい部屋を見学し
次の物件に移動したことがあります。

時間がある場合や色々と質問した場合は
時間もかなり長くなるかもしれません。

 

部屋をじっくりと見て、分からないことは
不動産会社の担当者に質問をガンガンしましょう。

 

内見をするときに持っていたほうが良い持ちモノとは?

気に入った物件の部屋を見に行くときに
持っておくと便利なアイテムを紹介していきます。

実際に、いろいろなイメージをしながら
各部屋の間取りや細かい部分を見ていくほうが失敗は少ないでしょう。

 

メジャー

メジャーは内見をする場合は
持っていたほうが良いアイテムです。

理由は、今の部屋に置いている机やベッドなど
引っ越し先の部屋に入るかどうかを確認しておけば
スムーズな準備が可能になるからです。

 

さらに、新しい家具や家電を買う場合も
あらかじめ部屋の間取りを計測していれば安心して買う事もできるでしょう。

もし、メジャーが自宅にない場合でも
100円均一でも売っているので内見前に買っておくと良いでしょう。

 

スマホのカメラ

1回の内見で2~4件ほどの物件を見学するのは
一般的なやり方ではないでしょうか。

しかし、最後の物件を見学し終わると1件目の物件の特徴が
分からなくなっていることが多いです。

 

そんな時に、スマホのカメラ機能を利用して
部屋の撮影をしておくことで後で見た時に
各物件の部屋を振り返りやすいですね。

 

必ずしたほうが良い室内チェックポイント

実際に賃貸を見に行き各部屋を見ないと
何もわからないことが多いです。

入居後に「こんなはずでは」と思わないためにも
部屋を見学に行ったときにどこを見るべきなのかをチェックポイントを紹介していきます。

 

部屋に関するチェックポイント

部屋の確認をするときは部屋の広さや
汚れや傷はないかなどをチェックしておきます。

また、カビが生えているところはないかなども
しっかりとチェックしておきましょう。

 

さらに、収納スペースもどれくらいの広さがあるかや
水回りの汚れなども細かくチェックしておきましょう。

そして、一番重要なのは日当たりはどうなのかについても
しっかりとチェックしておくべきです。

 

忘れがちですが、各部屋にあるコンセントやテレビ端子の位置なども
ちゃんと確認しておくと家具や家電を買うときにも役立ちます。

 

建物の傷み具合

建物がどれくらい傷んでいるかも確認して
どうしても修理をしないと使えない場合は
不動産会社に入居前に修理をしてもらうように伝えましょう。

アパートの場合は上下左右の壁の厚みは薄い場合が多いので
ちょっとしたことで音が左右上下の部屋に漏れてしまいます。

 

静かにできるなら、アパートに住んでも問題はありません。

 

借りようとする賃貸の周辺に駐車場はあるかも確認

借りようとする賃貸に駐車場がない場合は
周辺に駐車場があるかどうかも確認しておきましょう。

さらに、借りようとする賃貸から会社や学校まで
どれくらい時間がかかるかも確認をしておくのも良いですね。

 

初めての地域の場合は、内見見学をさせてくれている担当の人に
駅までの周辺環境を見たいといえば、案内してくれることが多いです。

部屋だけではなく周辺環境も
確認をしていたほうが良いでしょう。

 

管理人が物件探しをして入居後にした失敗談

筆者は、これまでに10回以上の引っ越しをして
数回ほど失敗をしています。

その中で、とてもインパクトのある失敗は
荷物が入居する賃貸に入りきらないという事でした。

 

入居前よりも間取りが狭いという事も気が付かず
契約をして引っ越しを開始したのです。

荷物運びは自分で行いましたが
整理しながら荷物を運びこんでいくうちに
荷物が入りきらないことに気が付きます。

 

入りきらないと言っても外に出しておくわけにもいかないので
部屋にとりあえず入れたのでした。

荷物が山のようになって、入居して初めてなのに
ゴミ屋敷みたいな状態になってしまいました。

 

色々な荷物が部屋の中で山盛りになっていて
どうやって片付けるかかなり悩んだ記憶があります。

ですが、不要なものを徐々に捨てていき
今では部屋はスッキリ片付いています。

 

まとめ

  • 物件探しのコツは知っておくべき
  • 内見は絶対にしたほうが良い
  • 各部屋を見学するときはメジャーは必須アイテム
  • 収納スペースがどれくらい広いのかもチェックしておこう
  • 荷物が入りきらない場合はレンタル倉庫を借りる

 

賃貸物件を探す場合はコツを知っておかないと
必ず失敗してしまいます。

たとえば、引っ越し前の荷物が各部屋に入りきらないという事もありますし
壊れていないと思っていたトイレのノブが壊れていたという事もあり得ます。

 

なので、内見をするときは各部屋をチェックするとともに
ドアなども、しっかり機能するかどうかも確認はしていたほうが良いでしょう。

もし、ドアノブなどが壊れかけていたら
修理をしてもらうように伝えるのも良いですね。

 

実際に部屋を見に行くときは
「メジャー」は必須アイテムです。

現在ある家具や家電の寸法をあらかじめ計測して
その荷物が部屋に入るかどうかも、内見をするときに
計測をしておくと良いでしょう。

 

引っ越し後に、どうしても荷物が入りきらないという場合は
レンタル倉庫を借りて、徐々に荷物を減らしていくと良いですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ゼロゼロ物件は注意が必要?!初期費用や保証人は必要なのか検証

  • 不動産会社の選び方は賃貸選びよりも重要な理由とは?

  • 貸家一戸建てのメリット・デメリットは?本当に住みやすい?

  • 安い賃貸を探す最も効果的な方法はある?家賃が安いのは事故物件だとは限らない!

  • 引っ越しをする場合にコロナで注意すべき事とは?延期も検討したほうが良い?

  • 失敗しない賃貸物件を探す3つのコツとは?