1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. 安い家賃の賃貸物件の定義とは?本当に安心して住める?

安い家賃の賃貸物件の定義とは?本当に安心して住める?

賃貸物件探しで条件が同じなのに
家賃が高い物件と安い物件があります。

家賃が安い物件をどうやって見つけるのかや
不動産会社はさらに安い家賃の賃貸物件を隠しているのかなど検証していきます。

 

家賃が安いという物件の定義は?

家賃相場の中で最も安い家賃の賃貸物件を見つけたら
人によっては問題があるんじゃないかと疑うかもしれません。

しかし、家賃が安いというj定義は人によっても違いがあるので
ここでは、安い家賃の定義は希望条件を満たした物件と定めておきます。

 

基本的に安い家賃の賃貸物件を探す場合は
地域の家賃相場を確認することから始めましょう。

希望条件に近い賃貸物件で
家賃が安い物件を見つけることができればラッキーですね。

 

ネット未公開物件の掘り出しも物件は実在しない

結論を言えば、ネット未公開物件で
掘り出し物件は実在しないのです。

確かに、見逃しているだけで不動産会社は
知らない物件を隠し持っていると思う人もいるかもしれません。

 

しかし、大家さんや管理者の立場を考えると早く空き室を何とかしたいから
不動産会社に集客を依頼しているのでネットに公開しない場合は不動産会社に不信感を抱くでしょう

ネットで公開してくれない不動産会社なら
取引もすぐにやめてしまうのではないでしょうか。

 

大家さんや管理会社もはやく
空き室を何とか埋めてお金を稼ぎたいと思っているのです。

 

安い家賃の賃貸物件は早めに内見して決断をしよう!

安い家賃の賃貸物件は
すぐに内見をして決断も早めにしたほうが良いでしょう。

テレビ番組の有吉ゼミのコーナー「坂上忍 家を買う」みたいに
「借りま・・・・せん」とか「キープ」とかやっていると
すぐに借り手が見つかってしまいます。

 

「坂上忍 家を買う」のコーナーは坂上忍さんじゃなくて
今は別の芸人が家を見て回っているようですが(笑)

基本的に賃貸物件は早い者勝ちなので
安い物件が空いているならすぐに契約しないと
ほかの人に取られる可能性があります。

 

まとめ

  • 安い物件は不動産会社は隠し持っていない可能性が高い
  • 安い賃貸物件を見つけたらすぐに内見をして検討を素早く

 

安い物件は不動産会社も目玉商品になりうるので
隠し持っている可能性は低いです。

さらに、家主や管理会社も空き室を早く埋めたいので
不動産会社がネット公開もしなくてお客さんにも紹介しないなら
取引をやめる可能性が高くなります。

 

そうなると不動産会社も困るので
家賃が安い賃貸物件を隠していることはないでしょう。

新たに新物件が登場した場合は
公開前に見せてくれるかもしれません。

 

それは隠し持っているとは言いませんけどね。

世の中には「おとり物件」というのがあり
好条件でネットや広告などで紹介をしています。

 

どうすれば、こうした「おとり物件」を見破れるのかを
以下のページで紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓      ↓↓

おとり物件に要注意?!見分けるための5つのポイント

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 家賃滞納すると強制退去させられる?滞納から強制退去までの流れを紹介

  • ゼロゼロ物件は注意が必要?!初期費用や保証人は必要なのか検証

  • 貸家を借りるときに出てくる「3LDK」とは?2LDKとの違い

  • おとり物件に要注意?!見分けるための5つのポイント

  • 初めて賃貸を選ぶ人が犯しがちなポイントを回避する方法

  • アパートとマンションの違いは何?基準があるのか解説!