1. TOP
  2. 失敗しない賃貸を探す方法
  3. 家賃の支払いだけで生活が苦しくならないためのゆとりある生活を送る秘策

家賃の支払いだけで生活が苦しくならないためのゆとりある生活を送る秘策

賃貸物件に住もうと思ったときに
家賃のことや先の生活を考えたことがありますか?

間取りや日当たりが良いという理由で
賃貸契約をしても生活ができなくなるようでは意味がありません。

 

年収に応じて、どれくらいの家賃に住めばよいのか
目安を紹介していきます

 

年収別にゆとりある生活ができる家賃は?

一般的に収入に対して家賃は25%以内に収めれば
無理なく支払いができるといわれています。

いったい目安はどれくらいなのか
知っておくほうが良いでしょう。

 

具体的にいえば、年収が200万円なら
家賃は4.2万円くらいが良いでしょう。

年収が300万円の場合は家賃は
6.25万円までなら、無理なく支払いができます。

 

だいたい、年収が100万円あがるたびに
家賃の目安は2万円ずつあがっています。

たとえば、年収が350万円なら7.25万円までなら
無理なく支払いができるということになります。

 

家賃は年収の30%というのは通用しない?

 

昭和時代なら、物価はかなり安かったので
家賃は年収の30%を目安にしても問題はありませんでした。

今のご時世を見てみると物価は消費税込みを含めても
どんどん値上がりしていますが給料は全く上がっていないことが多いです。

 

なので、現在は年収の25%が家賃のほうが
無理なく支払いができます。

今の時代では年収の30%が家賃という目安は情報が古いですし
支払いも苦労しやすいです。

 

たとえば、一般的な会社員の場合で仮定して毎月の給料や各種手当などや
ボーナスを含めて1年間の収入を計算したのが年収です。

つまり、保険や何らかの税金で差し引かれて計算された手取りの金額は
年収にはならないということです。

 

収入の基準は一般的に年収で計算していくようですが
家賃の目安は「手取りの何%」でみるようにしたほうが
リアリティですし分かりやすいでしょう。

 

まとめ

あなたの収入とライフスタイルに適した家賃の物件を選ばないと
支払いだけの生活になってしまいます。

そうならないためにも
余裕で支払いができる家賃の賃貸を選びましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

引っ越しやることチェックのやり方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引っ越しやることチェックのやり方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 2人暮らしをするための賃貸を選ぶ方法!初めての同棲でも快適物件を探すやり方

  • アパートとマンションの違いは何?基準があるのか解説!

  • 失敗しない賃貸物件を探す3つのコツとは?

  • ゼロゼロ物件は注意が必要?!初期費用や保証人は必要なのか検証

  • 子育ても大丈夫!後悔しそうにない賃貸物件の選び方

  • 安い賃貸を探す最も効果的な方法はある?家賃が安いのは事故物件だとは限らない!